#コロナ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: どどん ★ 2020/06/14(日) 16:32:13.60 ID:SrwE10pn9
     東京都の小池百合子知事は14日、新型コロナウイルスの感染者を新たに47人確認したと発表した。そのうち18人が新宿区内の「夜の街」にある同じ店での
    感染だという。また、7人は集団感染が起きている武蔵野中央病院(東京都小金井市)関連だという。

     都は11日、新型コロナ感染拡大への警戒を呼びかける「東京アラート」を解除した。ただ11日以降、1日あたりの都内での感染者は4日連続で20人を上回っており、
    再び感染者数が増加している。

    朝日新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b07c277172d8af0bc005330b76bfd8f46a20e156

    【東京都で新たに47人感染 「夜の街」の同じ店で18人】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 蚤の市 ★ 2020/06/11(木) 11:22:29.02 ID:CgU9PbQh9
     国の持続化給付金事業は、実体に乏しい一般社団法人を経由して委託・外注が重ねられ、業務の運営が不透明だとの批判が上がっている。「ひ孫請け」にあたる企業の子会社で給付金審査を担当する派遣社員は、無駄の多さや目まぐるしく変わる審査基準など現場の実態を語った。 (嶋村光希子)

     「『資料を読んでください』と指示され、ほぼ一日、何もしなかった」。東京都北区にある審査現場で働いていた男性は、五月一日の申請初日から数日間のことを振り返った。後に、初日は申請が殺到したことで経産省中小企業庁のホームページにアクセスしにくくなっていたことが分かった。初日と二日の申請分のうち、一万件超の未入金があることが六月十日、明らかになった。
     審査は次から次へと回ってくるのではなく、待ち時間の方が長い日もあったという。「時給が付いているのに居眠りする人もいて無駄が多い」と業務の進め方に疑問を持った。
     男性は大日本印刷の子会社「DNPデータテクノ」への派遣社員。大日本印刷は元請けの一般社団法人サービスデザイン推進協議会から数えて、三次下請けとなるいわば「ひ孫請け」企業だ。広告大手の電通などとともに、法人の構成企業でもある。男性がいた北区以外にも、複数の審査拠点があるが、法人は一切公表していない。
     男性ら関係者によると、審査を担当する人たちは複数の派遣会社に所属している。勤務は昼と夜に分かれ、時給は千~二千円台。机とパソコンが並ぶ部屋では百~二百人の派遣社員が作業をしている。作業内容は、全国各地から送られた確定申告書の控えや売り上げ台帳を照合し、本人確認書類などをチェックする。持続化給付金にちなみ、業務のことを「JK」と呼ぶそうだ。

     豊島区の拠点で働く女性は、登録先の派遣会社から案内を受けて五月中旬から審査業務にあたっている。「経理の用語も何も分からない素人が大半で、本当に大丈夫なのか」と話し「罪悪感」すらあるという。
     申請数に応じて審査基準が変わり、現場は常に混乱していると明かす。審査に必要な書類の画像が不明瞭な場合など、「SV」と呼ばれる上の立場にあたるスーパーバイザーに判断を仰ぐも、彼らも派遣で分からない場合が多い。「チラシの裏やふせんに走り書きしたような記録が通った時は驚いた」という。
     持続化給付金の事業を巡っては、実体に乏しいとされる法人を通じた業務運営に批判が上がる。「一刻も早く給付金を求める人がいて、お金が届かない人が多いのはおかしい」と女性。事業の運営体制に疑問を持つ。
    ◇「持続化給付金」事業に関する情報やご意見を、東京新聞経済部までお寄せ下さい。

    東京新聞 2020年06月11日 07時12分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/34782

    【【東京新聞】給付金の審査現場は「素人が大半」 下請け派遣社員が証言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/06/12(金) 21:19:09.50 ID:MdHEDwUV9
    東京都は12日、新型コロナウイルスの感染者25人と死者2人が新たに確認されたと発表した。2日連続で1日あたりの感染者数が20人を上回った。感染者25人のうち、現時点で感染経路がわからないのは7人。年代別では20代が12人と最多で、30代が9人と続く。都内の感染者は累計で5473人、死者は313人となった。

     接待を伴う飲食店などで感染したとみられる「夜の街」関連は20~30代の13人で、うち11人はホストという。6~12日に都が確認した感染者130人のうち、「夜の街」関連は51人。6~7割が新宿エリアという。

     都は感染拡大への警戒を呼びかける「東京アラート」を11日夜に解除している。

    2020年6月12日 19時53分
    https://www.asahi.com/articles/ASN6D52K7N6DUTIL01Q.html

    【東京で新たに25人が感染 20代最多、11人はホスト 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ガーディス ★ 2020/06/08(月) 20:25:52.39 ID:zHftDHoX9
    給付金事業 電通7社に154億円 パソナへの外注費は明かさず、
    2020年06月06日 07時07分

    「東京都港区の電通本社」
    https://static.tokyo-np.co.jp/image/article/size1/5/6/8/a/568a0728f04c98364bcb11a58d69b532_1.jpg

     国の持続化給付金で、一般社団法人サービスデザイン推進協議会から事業の大部分の再委託を受けた広告大手の電通と子会社六社がグループとして、少なくとも計百五十四億円を得る見通しであることが分かった。国からの委託費七百六十九億円が法人を通じ、電通グループ各社に配分される構図が浮かんだ。

     五日の野党合同ヒアリングで、経済産業省が電通から外注先である子会社への発注額を示した。法人から七百四十九億円で再委託を受けた電通は、システム構築を担当する電通国際情報サービスに十九億八千万円、ホームページ制作の電通デジタルに十六億三千万円など、計六百四十五億円を外注している。
     さらに、電通子会社の一部は、申請サポート会場の設置運営など大半の業務を人材派遣大手のパソナなどに外注。この外注分を除く少なくとも約五十億円が、電通子会社に渡る。

     設立に関与した企業に外注を重ねることで、管理費が膨らむ構図になっている。野党議員からパソナなどへの詳細な外注費を示すよう求められたが、経産省は金額を示さなかった。

    https://www.tokyo-np.co.jp/article/33741
    前スレ

    【【なぜ】持続化給付金事業 再委託の電通子会社が「パソナ」に外注 政府、パソナに渡った金額の公表を拒否】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: トモハアリ ★ 2020/06/09(火) 12:48:13.22 ID:7lwwL1IJ9
     新型コロナウイルス感染拡大の影響で売上が半減した中小企業などを支援する「持続化給付金」事業について、経済産業省から委託された一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」と電通が8日、都内で記者会見を行った。同協議会は769億円で事業を受注し、うち97%にあたる749億円で電通に再委託された。

     電通はさらに、複数のグループ会社に業務を委託していた。会見で、電通の榑谷典洋副社長は、グループ会社への委託は「われわれができ得る限りの品質」を追求したためと説明した。  この事業の利益率について問われると、同副社長は「経済産業省のルールで管理費は10%か電通の一般管理費率の低い方で計上するようにと指導されている。我々の一般管理費率は10%を超えているので、今回はルールに則り10%とした。われわれが通常実施している業務に比較すると低い営業利益になる」と述べた。
     また「報道で一部そういう風に表現されている所もあるが、何か不当な利益をこの業務において狙っているのではないかと言うことについては、ルール上はそういうことは不可能な構造になっている」とも主張した。

    6/8(月) 20:35配信  THE PAGE
    https://news.yahoo.co.jp/articles/eab32b302221eb664f239b9efd0ad6e3999e3b22

    ※前スレ
    http://itest.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1591667460/

    【電通副社長「通常業務より低い利益」 持続化給付金の再委託で会見】の続きを読む

    このページのトップヘ