世界・海外

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ばーど ★ 2020/12/16(水) 14:53:44.51 ID:kGzJX0tn9
    ※時事通信

    ■上院共和トップが祝意 バイデン「次期大統領」認める

    【ワシントン時事】米上院共和党トップのマコネル院内総務は15日、選挙人投票で勝利を確定したバイデン次期大統領に祝意を表明した。先月7日の大勢判明から1カ月以上たち、「次期大統領」としてようやくバイデン氏を認めた。

    マコネル氏はこれまで、共和党のトランプ大統領が負けを認めず、法廷闘争を続けていることについて「100%彼の権利だ」と擁護してきた。

    マコネル氏は上院の議場で「けさをもって米国は正式に正副次期大統領を迎える」と演説。トランプ氏の敗北に関し「異なる結果を望んでいたが、われわれは来年1月20日に誰が就任するかの手続きに進まなければならない」と語った。

    バイデン氏はこれを受け、記者団に「マコネル氏と本日、良い会話を交わした」と述べ、謝意を伝えたことを明らかにした。「多くの問題で意見が違うが、協力できる問題もある。できるだけ早く会おうということで一致した」と語った。

    2020年12月16日06時06分 時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020121600024&g=int
    ----

    ■共和党の上院トップ バイデン次期大統領の当選認め祝意表明

    アメリカのバイデン次期大統領について、トランプ大統領を支える与党・共和党の上院トップが初めて当選を認め、祝意を表明しました。トランプ大統領は依然、選挙での不正を訴えていますが、党内での求心力に変化が起きるのかに関心が集まっています。

    アメリカでは14日、先月の大統領選挙の結果、各州で選ばれた選挙人の投票が全米で一斉に行われ、民主党のバイデン次期大統領が正式に当選に必要な過半数の票を獲得しました。

    これに対し選挙での不正を主張するトランプ大統領は敗北を認めない姿勢を崩していませんが、大統領を支える与党・共和党の上院トップ、マコネル院内総務は15日、演説で「選挙人による投票で次期大統領が公式に決まった」と述べたうえで、「バイデン次期大統領を祝福したい」と祝意を表明しました。

    共和党の最高幹部がバイデン氏の当選を認めるのは初めてです。

    これを受けてバイデン次期大統領はマコネル氏と電話で会談し、バイデン氏は記者団に「良い会話だった。意見の違いはあるものの協力できる」と述べて、今後の連携に期待を示しました。

    共和党内ではトランプ大統領が法廷闘争を続けるなか、バイデン氏の当選を認める議員はごく一部に限られてきましたが、党の実力者の明確な容認でこれに同調する議員も出始めていて、党内で高い支持率を誇るトランプ大統領の求心力に変化が起きるのかに関心が集まっています。

    ■ホワイトハウス報道官「大統領はまだ法廷闘争を続けている」

    ホワイトハウスのマケナニー報道官は15日の記者会見で、前日に行われた選挙人による投票の結果を受けて、トランプ大統領がバイデン次期大統領をホワイトハウスに招く考えがあるかと聞かれたのに対して、「きのうの投票は憲法で決められた手続きの1つにすぎない。トランプ大統領はまだ法廷闘争を続けている」と述べ、現時点でトランプ大統領が結果を受け入れることはないという見解を示しました。

    2020年12月16日 9時11分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201216/k10012766391000.html
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201216/K10012766391_2012160909_2012160910_01_02.jpg

    ■関連スレ
    【米大統領選】バイデン氏が選挙人投票で過半数獲得、勝利確定 1月20日に大統領就任 ★27
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1608083380/

    ★1が立った時間 2020/12/16(水) 11:45:53.10
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1608093767/

    【【米大統領選】共和党上院トップ、バイデン氏の当選認め祝意表明「今朝をもって米国は正式に正副次期大統領を迎える」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/12/14(月) 18:03:57.45 ID:o6sqHeB59
    ※共同通信

    【パリ共同】14日付のフランス紙リベラシオンは、元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告が税法上の居住地を同国より税負担の軽いオランダへ移していたことを巡り、フランス税務当局が虚偽申告と判断し、追徴課税に向け、被告夫妻が所有する財産の計約1300万ユーロ(約16億4千万円)相当を差し押さえたと報じた。

     ゴーン被告は2012年に税法上の居住地をフランスからオランダに移したが、1年の半分以上同国に居住することが条件とされる。フランス当局は、日産側が購入した高級アパートのあったフランスが被告の職業上と私生活上の中心地であることに変わりなかったと見なしたという。

    https://this.kiji.is/711141530332839936?c=39550187727945729

    【【仏当局】ゴーン被告に追徴課税か 16億円分を差し押さえと報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ばーど ★ 2020/12/13(日) 16:50:00.48 ID:Of5kECgK9
    ※日テレ

    菅首相は、世界各国の首脳らが参加してオンラインで開催された「気候野心サミット」にビデオメッセージを寄せ、世界の脱炭素移行のために、官民あわせて約1.3兆円の支援を行うことを表明しました。

    「気候野心サミット」は、地球温暖化対策への世界的な取り組み「パリ協定」の採択5周年にあたり、対策への取り組みを国際社会に呼びかけることを目的としたイベントです。

    菅首相はビデオメッセージで、温室効果ガスの排出を実質ゼロにする、「カーボン・ニュートラル」を2050年までに実現すると宣言したことを述べた上で、「気候野心同盟」への参加を決定したと述べました。

    また、世界各国が脱炭素化社会に移行するため、官民あわせて約1.3兆円(約118億ドル)の支援を行うことを表明しました。

    さらに、開発途上国の温室効果ガスの削減・緩和などを支援する「緑の気候基金」に対しては、最大で総額30億ドルを拠出する方針を明らかにしました。

    2020年12月13日 10:52
    https://www.news24.jp/articles/2020/12/13/04784900.html

    【【菅首相】世界の脱炭素移行のために1.3兆円の支援表明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: マスク着用のお願い ★ 2020/12/13(日) 18:32:04.86 ID:Ri/fOdYB9
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2020121300103&g=int
    インド太平洋に軍艦派遣 独国防相―中国警戒、自衛隊と訓練も・岸防衛相と討論へ

    【ベルリン時事】ドイツのクランプカレンバウアー国防相は12日までに、時事通信の書面インタビューに応じ、日本やオーストラリアなどインド太平洋諸国との連帯を示すため、独連邦軍のフリゲート艦1隻を近くインド太平洋地域に派遣すると表明した。また、中国の南シナ海での領有権主張に強い警戒感を示し、自衛隊やインド太平洋諸国の軍隊と共同訓練を行う可能性にも言及した。

    英仏は既にインド太平洋で軍艦を航行させているが、欧州外での作戦に比較的慎重なドイツの派遣は異例だ。ドイツは9月にインド太平洋地域での外交・貿易指針を策定済み。中国が南シナ海の軍事拠点化など現状変更の試みを続ける中、国防相は海洋秩序の維持に向け、関与を強める方針を鮮明にした。

     国防相は、先月の岸信夫防衛相とのテレビ会談で「日独はルールに基づいた秩序保持で一致した」と説明。日本などと「訓練参加や海洋でのプレゼンス強化」を含む協力について協議していると述べた。国防相と岸防衛相は15日、公開のウェブ討論に臨む予定だ。

     国防相はまた、インド太平洋地域では北大西洋条約機構(NATO)も「積極的な役割」を果たしていくと強調。来年1月に発足するバイデン次期米政権と協調していく考えを明らかにした。

     フリゲート艦派遣については、時期や訓練参加、寄港先をめぐり各国と調整中だと語った。具体的な派遣先は明言しなかったが、「ドイツと欧州が地域の安定に関心があることと、友好国への連帯を示す」と狙いを述べた。

     中国による南シナ海での領有権主張をめぐっては、「中国に外交や安全保障、経済政策で大きな野心があることは理解するが、他国に負担を強いてはならない」とけん制。英仏と共同で、中国の主張を退けた2016年の仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)判決の有効性を確認する声明を9月に国連に提出したと強調した。

     国防相は、日本との防衛装備品協力にも前向きな姿勢を示したが、一段の進展には、昨年首脳間で大筋合意した機密保持に関する「情報保護協定」の締結が必要だと指摘した。

    2020年12月13日08時16分 時事通信

    【【ドイツ】国防相、フリゲート艦1隻を近くインド太平洋地域に派遣すると表明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ばーど ★ 2020/12/13(日) 16:52:29.36 ID:Of5kECgK9
    ※共同通信

    【ニューヨーク共同】スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(17)は11日、温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」採択から12日で5年となるのを前にツイッターに動画を掲載し、気候変動対策を巡り「私たちは誤った方向に進んでいる」と危機感を表明した。

    フランスやドイツなどでは11日、若者らが集まり、政府に対し取り組み強化を求める抗議活動が行われた。12日にパリ協定採択5年を記念する国連オンライン会合が予定されており、温暖化問題解決への機運を盛り上げる狙いもありそうだ。

    2020年12月12日 10時53分 (共同通信)
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/73934

    【【グレタさん】温暖化対策、「私たちは誤った方向に進んでいる」 危機感表明】の続きを読む

    このページのトップヘ