学生・学校

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 影のたけし軍団 ★ 2020/12/16(水) 12:20:05.17 ID:mVZk2XSj9
    美しさを競い合い、華やかなイベントとして続いてきた大学ミスコン。しかし、その存在に疑問を感じている学生たちがいる。
    長らく「学生の活動」として関与をしてこなかった大学の中にも動きが起きている。ミスコンは、どこへ向かうのだろうか。

    一つの声明が2020年10月下旬、インターネット上で公開された。「私たちはしんどさを感じ、コンテストがなくなって欲しいと思っています」

    公表したのは、首都圏の学生で作る「ミスコン&ミスターコンを考える会」。
    大学のミスコン、ミスターコン全般に抗議し、東大のコンテストを主催する東京大学広告研究会や大学側に対し、開催中止を求めた。

    考える会は2019年に設立され、メンバーは全員女性。
    これまで大学のコンテストの開催に反対し、ビラの配布やツイッターでの発信などを続けてきた。

    東大2年のメンバーは、大学でコンテストを開催することについて、
    「容姿が重要視され、選ばれる過程で、社会で受け入れられる理想的な女性や男性のイメージが発信される。
    多様性を重視する学問の場であるはずの大学で、外見による差別を助長し、『こうあるべきだ』という規範を押しつけている」と問題点を指摘する。

    ミスコンの是非を巡っては、「出たい人が希望して出場しているからいいのではないか」という意見もあるが、
    「大学で開催されることで、学生すべてから選ばれたような印象を持たれ、結果として参加したくない学生も巻き込まれている」と訴える。

    2020年は、上智大や慶応大の湘南藤沢キャンパス(SFC)で、従来の評価基準を変更して社会貢献活動への取り組み方を審査対象にしたり、
    男女別の枠組みを見直したりするなど、新しい形式のコンテストも生まれた。

    別の東大2年のメンバーは「批判を受け止めて変化していること自体は、変化しないよりはいい」と評価する。
    一方、早稲田大2年のメンバーは「大学名を使ってコンテストを実施していることに変わりはなく、
    上智の場合は社会貢献という新しい規範にすり替わっただけ。外見が評価に入っている問題も解消されていない」と指摘した。

    こうした活動を続ける中では、嫌な思いをすることも多いという。

    考える会やメンバー個人のツイッターには、見知らぬアカウントから「ブスのひがみ」といった中傷のメッセージが届いた。
    東大の構内に11月、「顔で判断すんな」と書いた立て看板を設置したところ、落書きなどの嫌がらせも受けた。

    結局、今年も東大のミスコンは開催され、声明に反対する東大広告研究会や大学からの返事はないという。
    https://mainichi.jp/articles/20201215/k00/00m/040/125000c

    「ミスコン&ミスターコンを考える会」が2020年11月、東京大学駒場キャンパス内に設置した立て看板=同会提供
    https://cdn.mainichi.jp/vol1/2020/12/15/20201215k0000m040340000p/9.jpg

    【【話題】 ミスコンを考える会の大学生の訴え 「外見による差別を助長している。 顔で判断すんな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 樽悶 ★ 2020/12/13(日) 18:23:21.55 ID:JGL/hvNN9
    準強制わいせつの疑いで逮捕された男性が不起訴となりました。

    千葉県内のレンタルルームで「研究に必要だ」とウソをつき、18歳の少年の裸の写真を撮ったなどとして10月に逮捕された中学校教師の男性について、千葉地検は11日付で不起訴処分としました。

    不起訴の理由は明らかにされていません。

    NNN 12/11(金) 19:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201211-00000413-nnn-soci
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201211-00000413-nnn-000-2-thumb.jpg

    【【千葉】ウソつき少年の裸撮る、中学校教師を不起訴】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 樽悶 ★ 2020/12/11(金) 21:55:48.31 ID:RtXyhrVG9
    スクールカーストとは、学校のクラスなどで生徒の間に形成される序列のことを言います。もちろん学校の正式な制度ではありませんが、「一軍」などと言われる「上位」の生徒が、「二軍」とされる「下位」の生徒を従わせる空気ができてしまうのだといいます。そのおかしな実態と対処の仕方を、「一軍」も「二軍」も経験したという高校生のおもちさんに打ち明けてもらいました。

    ■クラス替えのたびにできる「スクールカースト」

    私の通う高校は、毎年クラスが変わります。クラス替えがされても必ず存在するのが、スクールカーストです。

    スクールカーストが形成されるのは毎年、行事がある6月くらいです。今年は新型コロナウイルスの影響で行事がなかったにもかかわらず、夏休み前にはスクールカーストができていました。

    ■大きな声で話す、爆笑する人たちがクラスを支配

    スクールカーストは、周りからの「人気度」で決まっているように思われます。ですが、決してかわいい人や頭の良い人が上位というわけではありません。クラスで大きな声で話したり、爆笑したりしているだけという人たちばかりです。

    しかし、たったそれだけで「その人たちはボスだ」という考え方がクラス全体に知らぬ間に浸透します。その人たちを怒らせてはいけない、その人たちに従わないといけない、という空気が、いつの間にか暗黙の了解になってしまっています。

    それによって、いっそうスクールカーストの上位(一軍)と下位の分け目がはっきりしていっているように感じます。

    ■考えを押し通そうとする「上位」の人たち

    私の周りのスクールカースト上位の人は、自分たちの都合のいいように物事を進める人たちが多いです。

    自分に興味のあるクラスの決め事は、ぐいぐい考えを押し通そうとしてリーダーシップを発揮します。反対に、興味のないことになると全く話を聞かず、おしゃべりをしたり寝たりして、全然参加してくれません。

    スクールカースト上位は、ダンス部の人やダンス部と仲が良い人がほとんどで、みんな女子です。女子の数が男子よりも多いということもあり、スクールカースト上位にあたる男子は私のクラスにはいません。

    一方、スクールカースト下位には、成績がよくない人やオタクの人が多いです。スクールカースト上位、下位によって先生の態度が変わることはありません。ですが基本的にクラスの決め事は生徒主体で行うため、下位の人が活躍したり自分の意見を聞いてもらったりするには、かなり意見を主張する必要があります。

    ■ささいなことで地位が下がる

    一軍以外の人が一軍に入るためには、一軍の人と仲よくなるという方法があります。ですが、いきなり仲よくなるのは難しく、一軍として地位を確立するにはとても時間がかかります。

    ところが、一軍から二軍に下がるのは一瞬です。少しでも一軍の仲間に考えが合わないと判断されると、どんどんその中で地位が下がっていきます。気づいたら二軍にいるという状況になります。

    私も以前一軍から二軍に下げられたことがあります。気づいたときには、既に一軍には自分の居場所がないという状況になっていました。

    ■知らぬ間にできあがるおかしな制度だ

    スクールカーストは、人の心の中で知らぬ間にできあがる、おかしな制度だと感じます。しかし、今の私の学校生活では切っても切り離せないのがスクールカーストです。

    私はこのスクールカーストと上手に付き合うために、いろんな人と会話することを心がけています。多くの人と話すことで、さまざまな考え方を知ることができ、その場に応じた話し方や接し方ができるようになると感じているからです。

    私は、スクールカースト上位の人たちに従わないといけないと思っていました。ですが、一軍から二軍に下げられた経験から、自分の意見を持つことが大切で、無理に人に合わせる必要はないということに気づきました。

    だから私は、スクールカーストがある環境でも、楽しく学校生活を送るために、人の意見を聞きつつ、周りに流されない強い意志をもって行動することを心がけたいと思います。(おもち・2年)

    高校生新聞 12/8(火) 10:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201208-00010000-koukousei-soci
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201208-00010000-koukousei-000-1-view.jpg

    【【学校】高校生が語るスクールカーストの実態 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2020/12/12(土) 13:22:32.28 ID:3uGMFc3J01212
    行為を拒むと女性の頭をバリカンで……性的暴行「ミスター慶応」を生んだ資産100億円一族

    「アルバイトをしなくてもお金が毎月入ってくる」

     人も羨むルックスと学歴。加えて渡邉は、金銭的にも極めて恵まれていた。

    「『俺は親がやっている会社の子会社の社長。アルバイトをしなくてもお金が毎月入ってくる』と自慢げに話していました」(同前)

    「陽太は私に『大麻やMDMAをやってる』って自慢してた。『キャベツ同好会』っていうライングループを作って、ライン通話で『8K(8000円)で売ってくれない?』という話を嬉々としていましたね」

    【レイプで6回逮捕6回不起訴ミスター慶應「俺は親の会社の子会社の社長。働かなくても金が入るw」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ばーど ★ 2020/12/11(金) 21:52:54.87 ID:RSVz0Roy9
    ※マイナビ

    マイナビは12月8日、「マイナビ学生の窓口『大学生が選ぶトレンドアワード2020』」を発表した。調査は10月16~21日、楽天インサイトが保有するパネルから全国の大学生・短大生・大学院生の男女計1,500人を対象にインターネットで行われた。

    調査結果は以下の通り。まず、「2020年に大学生がもっとも尊敬した起業家・経営者ランキング」を見てみると、1位「前澤友作」、2位「孫正義」、3位「堀江貴文」、4位「三木谷浩史」、5位「スティーブ・ジョブズ」、6位「松下幸之助」「前田裕二」、8位「豊田章男」、9位「ビル・ゲイツ」、10位「イーロン・マスク」という結果だった。

    TOP3の投票理由を一部抜粋してみると、前澤氏には、「お金配りで日本を元気に、という企画がすごいと思うから」「人の為になる事をしているから」など。

    孫氏には、「一代で大企業を育て上げたから」「コロナショックでSBGの株価は暴落したが、そこから大胆な施策によって20年ぶりの高値まで株価を押し上げたから」

    堀江氏には、「過剰な締め付けの世の中に提言する存在」「辛口だが、頭を使って生きているところ」などの声があった。

    2020/12/08 15:32
    https://news.mynavi.jp/article/20201208-1571283/
    https://news.mynavi.jp/article/20201208-1571283/images/001.jpg

    ★1が立った時間 2020/12/11(金) 19:54:35.53
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1607684075/

    【【調査】大学生が尊敬する起業家…1位「前澤友作」 2位「孫正義」 3位「堀江貴文」】の続きを読む

    このページのトップヘ