社会・生活

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ばーど ★ 2020/12/17(木) 11:25:18.80 ID:nvlipLdr9
    ※|ダイヤモンド・インライン

    NHKの受信料値下げ消極姿勢は「常識がない」、武田総務相・独占告白 ※ソース抜粋

    ■「携帯料金よりもNHK改革を」の声 受信料に対する国民の不信感は強い

    馬渕 携帯電話料金引き下げの次に、着手しているNHK改革について伺います。今のところ、報道で具体的な内容が出てきていません。NHKの前田晃伸会長とはどのような話を進めているのでしょうか。

    武田 携帯電話料金の引き下げを行う中で、国民の皆さまから激励のお言葉をもらいました。その中で、「携帯電話料金も重要だけれど、もっと改革に着手してほしいのがNHKだ」との声が非常に多かったです。

    馬渕 国民から、「もっと着手してほしいのがNHKの受信料だ」と。

    武田 携帯電話は国民にとって必要不可欠なものであって、ある程度のコストを支払うのは仕方ないとの意見が多いです。しかし、「NHKは必ずしも必要なものではないのに、なぜわれわれが受信料を払うのか」という国民からの根本的な不信感があります。しかも受信料は高い。

    武田 現在のNHK受信料は、口座振替・クレジットカード払いで地上契約が月額1225円(年額1万3650円)、衛星契約で月額2170円(年額2万4185円)です。国民が必ずしも必要と感じていないモノに対して、まして、受信料回収の取り立てに自宅にも来られるわけです。

    馬渕 自宅まで来るというのは怖いですね。しかも、訪問要員の経費には年間300億円が費やされています。

    武田 公共の電波を使って、まして公共放送として利益を得ているわけです。2019年度の受信料収入は約7300億円、利益は約220億円です。いかがなものかなと当然思います。国民が納得していないのに、納得できない料金を徴収している点は、見直さないといけない。

    馬渕 しかし、NHKにしかない良さもあります。

    武田 NHKは災害や選挙放送を担っています。また、視聴率やスポンサーの色が付かないという面では、公共放送としての役割を果たしています。しかし、国民から「携帯電話はいいけれど、NHKは許さん」というような声が出ている今こそ、NHK自身が視聴者を顧みる最後のチャンスではないでしょうか。「公共放送としてどうあるべきか、考えてもらいたい」と私はNHKに対して言っていますよ。

    馬渕 携帯料金に関して、武田大臣は「NTTドコモは実に6割強の値下げだ」と評価しています。NHK受信料の値下げは、どれぐらい下げるイメージですか。

    武田 受信料の値下げをはじめとして、NHKには改革を進めていただきたい。やり方はさまざまあるでしょう。それを公共放送の立場として、まずはNHK自身で考えていただきたい。

    ■NHKは“放漫経営” 受信料値下げにぐずぐず言うのは常識がない

    馬渕 今後は、NHKから出された案に対して、今回の携帯電話のように「それではいかん」といった意見をおっしゃる可能性もあり得るのでしょうか。

    武田 もちろん、あります。国民目線に立って、「何をやっているのか」と思う部分があればお伝えしていく。今まで、ある意味で“放漫経営”なわけです。収入の大半が受信料でありながら「内部留保」に当たる繰越剰余金が1280億円も積み上がっています。剰余金全体を見ると、連結決算で建設積立基金と子会社の剰余金を含めれば、3700億円くらいあるわけです。そして、毎年200億円ぐらいの黒字を計上してね。20年11月下旬に公表した中間連結決算は、純利益に相当する事業収支差金が約430億円です。これだけの利益を出しているのに、受信料の値下げをぐずぐず言っているってこと自体が、国民に対して常識がないですよ。

    馬渕 コロナ禍で家計が苦しい国民に還元していくべきだと。

    武田 当たり前のことです。このコロナ禍において、早く決断して早く国民の負担を減らさなければ。1カ月値下げが遅れるごとに国民の負担が1カ月増えるわけです。

    以下ソース先で

    2020.12.17 5:10
    https://diamond.jp/articles/-/257476


    【武田総務相】NHK受信料値下げ「いつやるのか」 不満表明 ★3 [ばーど★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1607746118/

    【【武田総務相】「国民が必ずしも必要と感じていないモノに対して自宅に取り立てにも行く。受信料値下げにぐずぐず言うのは常識がない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2020/12/16(水) 17:54:28.06 ID:asVDQAgp0
    教えてクレメンス

    【楽天カードとAmazonカードどっちがええ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 記憶たどり。 ★ 2020/12/16(水) 14:51:48.55 ID:BiMHgiZD9
    https://www.nikkei.com/article/DGKKZO67360040V11C20A2CR8000

    政府は小中学生の学習履歴やテストの成績をマイナンバーにひも付けて
    オンラインで管理する仕組みをつくり、2023年度にも試行する方針を固めた。
    蓄積した教育ビッグデータを指導方法の改善や教育政策の検証に役立てる狙い。
    海外に比べ遅れている教育分野のデータやICT(情報通信技術)化を急ぎ、
    優れた人材の育成につなげる。

    【【マイナンバー】小中学生の学習履歴やテストの成績をマイナンバーにひも付けオンラインで管理】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 夜のけいちゃん ★ 2020/12/14(月) 00:07:03.11 ID:GUmtIxsR9
    週刊女性プライム

    抜粋
    コロナ禍で見た若い女性のリアル
     ネットカフェで寝泊まりしながら働く人たちは、おもに10代~40代の年齢層で、男女に関わらず、もともとギリギリの生活を強いられている人たちだった。就労形態はほとんどが派遣や非正規、そしてアルバイト。一生懸命働いても、月々の平均月収は11万4000円。どんなに頑張っても、アパートの初期費用を貯めることは難しい。もちろん、援助してくれる親などいない。

     コロナ禍の東京で出会った二十歳そこそこの若い女性たちが「もう死ぬしかないと思った」「久しぶりにシャワーを浴びたい。髪を洗いたい」「甘いジュースなんて久し振り」「駅前のベンチで荷物を抱きしめながらふた晩過ごした」などと話す。

     10年以上の歳月をネットカフェや24時間営業のファストフード店で眠るうちに、身分証から所持品のほとんどを盗まれ、自分が自分であることを証明する手段の一切を失くした女性もいる。ネットカフェのパソコンで、腎臓を売るルートを検索していた若い女性もいる。毛羽立ち茶色く汚れたマスクをつけて、「生活保護は受けたくない」と歌舞伎町に消えて行った若い女性もいる。汚れたマスクを外してアイスコーヒーを飲むとき、虫歯で溶けて形を成していない前歯が斜めに並んでいるのが見えた。

     これが、私がコロナ禍の8か月間に見てきた若い女性たちのリアルだ。こんなに若い人たちをそこまで追い詰め、放置している社会や国に怒りを覚えるとともに、頑張ればある程度は報われる時代を生き、現状を作ってきてしまった一人として後ろめたさを感じ続けている。

     女性は男性よりも給与が少ないだけでなく、年金も少ない。単身だったり、夫に先立たれたりしていたら、その後の生活維持は困難になる。だから定年はとうに超えた年齢層の女性たちが働き続けているのをあちこちで目にする。底冷えする真冬の道路工事現場で80過ぎと思しき女性警備員が小さい身体にダブついたユニフォームを着て、白い息を吐きながら交通整理をしているのを見かけたりすると、私は何だか無性に悲しくなってしまい、うつむいて足早に通り過ぎる。働くのが好きなのかもしれない。でも、本当にそうなのだろうか?

     若ければ稼げるかといえば、そうでもない。コロナで失職した女性が生きていく術として風俗を選んだ。その女性がNHKのテレビカメラの前で申告した日給は5,000円。

     私たちは、いつまで、どこまで身を削って自助でやっていかなくてはいけないのだろう。

    今さらだが「日本死ね」だ
     私自身、3年前にフルタイムのボランティアとなって労働収入がなくなったときに、少ない貯金を切り崩す日々に不安を覚え、求人情報を検索したことがある。

     その昔、工業系専門の通訳として働いていた経験を活かすべく、大手人材派遣会社の求人サイトを覗いてみると、通訳の時給も大暴落している。かつては時給5,000円以上だった仕事が2,000円ほどに。そして、専門的技能であるはずの通訳に時給1,300円という値がついているものまで発見したときには、その値崩れぶりに絶句した。それでも、この不景気だ、贅沢はいうまいと思うことにした。

    「英語」「通訳」と条件を打ち込むと、三桁もの求人にヒットした。さすがは東京である。ホッと安堵しながら年齢を入れたら、いきなり求人数がゼロになった。一瞬、パソコンが不具合を起こしたのかと思った。何度目かのゼロを確かめたあと、笑いがこみあげた。気分的にはジョーカーみたいな笑い方をしたかったが、鼻息みたいな笑いしか出なかった。

     この国では、50過ぎたら働くことも許されないのか? 今さらだが、「日本死ね」である。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19373440/

    ★1 2020/12/13 21:50

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1607867574/

    【【SHINE】女性の貧困・自殺者が急増!政治に求めるリアルな声と「日本死ね」の叫び】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: どどん ★ 2020/12/11(金) 21:16:26.92 ID:eMAuDLoc9
     菅義偉首相(72)が11日、午後3時からインターネット動画サービス「ニコニコ動画」の生放送番組に出演。重要政策として掲げる携帯電話料金の引き下げについて言及した。

     番組は視聴者からの質問に答える形で行われ、“携帯電話利用料金の値下げについて、先日の会見ではNTTドコモの新たな料金プランを評価していたが『本当の改革はこれから』と述べていた。どのような改革を描いているのか”という質問に応じた。

     菅首相は「私は2年ほど前に講演で“携帯電話の料金は高すぎて不透明。4割は下げられる”と発言した。なぜそのような発言をしたかと言うと、電波は国民の皆さんの財産。電波の提供を受けた3社がサービスをしているが、3社での寡占状況が何年も続いている。寡占状況が変わっていないということは競争が働いていないということ。そこは競争が働くような環境をつくるのが政治だと思う。法律改正もしてきた」とコメント。

     「自民党総裁選の時に“総理大臣になる人が携帯電話料金に触れるのはおかしい”という人もいたが、現実問題として高すぎる。ドコモが20ギガバイトで月2980円(税別)を打ち出した。これは今の携帯料金の半分くらいになる。ドコモがやると(KDDI)auもソフトバンクも追随せざるを得なくなる。ここで初めて競争が出てくるのではないか。競争が始まって国民の皆さまが“良くなった、安くなった”と感じていただけるようになるまで、これからだと思う」と述べた。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/356dde0289eb8b04ecfdb35d1bbd7acdec298c93

    【菅首相、ドコモ2980円プランで他社も「追随せざるを得なくなる」】の続きを読む

    このページのトップヘ