このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無し募集中。。。 2020/06/10(水) 15:19:46.03 0

【渡部さん、不倫でなく、1万円で買春していた模様】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 記憶たどり。 ★ 2020/06/10(水) 17:51:21.09 ID:SPv69CBy9
https://twitter.com/news24ntv/status/1270625957871620096

【速報】東京アラート 早ければ明日解除へ

#東京都 は、感染者が急増していないことから、
早ければあす「#東京アラート」を解除する方向で調整に入りました。
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【【速報】東京アラート、早ければ11日解除へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2020/06/10(水) 07:32:24.24 ID:FOAEdU8J0
一理ある

【島田紳助「男なんて皆、不倫したいんですよ。不倫ダメとか言ってる男は不倫出来るだけの魅力ないだけ。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: アルタイル(光) [ニダ] 2020/06/10(水) 07:40:38.06 ID:4kkXsdZR0● BE:201615239-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif
 人気お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)が、レギュラーを務める番組などの出演自粛を申し入れていることが9日、明らかになった。
AV(アダルトビデオ)女優、一般女性ら複数人との不倫が発覚したため決断したという。2017年に女優・佐々木希(32)と結婚し、翌年9月に第1子の長男が誕生。
さわやかな良き夫、良きパパとして、抜群の好感度を誇ってきたが、大幅なイメージダウンは確実だ。

 テレビ業界に激震が走った。MCを務めるTBS系「王様のブランチ」(土曜・前9時半)のほか、日本テレビ系「ヒルナンデス!」(月~金曜・前11時55分)の火曜レギュラー、
「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)、フジテレビ系「Love music」(日曜・深夜0時半)、テレビ朝日系「相葉マナブ」(日曜・後6時)など、
さわやかで親しみやすいキャラクターで10本以上のレギュラー番組を抱える渡部にスキャンダルが浮上した。

 関係者によると、不倫相手はAV女優や会社員の女性ら複数人。

 AV女優との密会の様子が一部週刊誌で報じられる予定で、渡部本人も不倫関係を認めているという。

https://news.livedoor.com/article/detail/18392564/

【アンジャッシュ渡部建、AV女優ら複数人と不倫 妻・佐々木希を裏切った…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ガーディス ★ 2020/06/08(月) 20:25:52.39 ID:zHftDHoX9
給付金事業 電通7社に154億円 パソナへの外注費は明かさず、
2020年06月06日 07時07分

「東京都港区の電通本社」
https://static.tokyo-np.co.jp/image/article/size1/5/6/8/a/568a0728f04c98364bcb11a58d69b532_1.jpg

 国の持続化給付金で、一般社団法人サービスデザイン推進協議会から事業の大部分の再委託を受けた広告大手の電通と子会社六社がグループとして、少なくとも計百五十四億円を得る見通しであることが分かった。国からの委託費七百六十九億円が法人を通じ、電通グループ各社に配分される構図が浮かんだ。

 五日の野党合同ヒアリングで、経済産業省が電通から外注先である子会社への発注額を示した。法人から七百四十九億円で再委託を受けた電通は、システム構築を担当する電通国際情報サービスに十九億八千万円、ホームページ制作の電通デジタルに十六億三千万円など、計六百四十五億円を外注している。
 さらに、電通子会社の一部は、申請サポート会場の設置運営など大半の業務を人材派遣大手のパソナなどに外注。この外注分を除く少なくとも約五十億円が、電通子会社に渡る。

 設立に関与した企業に外注を重ねることで、管理費が膨らむ構図になっている。野党議員からパソナなどへの詳細な外注費を示すよう求められたが、経産省は金額を示さなかった。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/33741
前スレ

【【なぜ】持続化給付金事業 再委託の電通子会社が「パソナ」に外注 政府、パソナに渡った金額の公表を拒否】の続きを読む

このページのトップヘ